音学.com

宮本亜門 「亜門流コーチング」
  • 宮本亜門 「亜門流コーチング」
  • 宮本亜門 「亜門流コーチング」

宮本亜門 「亜門流コーチング」

作者: 宮本亜門日本音声保存
販売形式: CD/ ダウンロード/
形式:CD版またはオーディオブック(MP3ファイル)版
ファイルサイズ:(ファイル1)27MB  (ファイル2)36MB
所属ジャンル:
新着商品ビジネスコーチング・NLP
CD版

¥2,160(税込)

 
ダウンロード版

¥1,029(税込)

 

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

詳細情報


コミュニケーションが下手で、引きこもりだった宮本少年は
どのようにして天才 宮本亜門になれたのか?



日本はもちろん、ミュージカルの本場ブロードウェイで最も権威のある賞
「トニー賞」にノミネートされるなど、世界的に演出の天才と言われる宮本亜門さんは、
学生時代、コミュニケーションがド下手で、しかも引きこもりでした。

ところが、「ある5日間」を通して全く違う自分になれたのです。


この講演音声を通して聞けること、学べることのほんの一部をご紹介しますと


 とにかくコミュニケーションが下手だった!
 仏像好きだった学生時代
 わずか5日で引きこもりから解放してくれた「精神科医の問いかけ」とは?
 ダンサーから、演出家に誰もなったことがない時代に、亜門さんだけが演出家になれた理由

 「ショービジネス」は、「ショー」の才能+「ビジネス」を成功させる自己をピーアールする才能と行動が必要
 行動することの法則 最初は小さなことから始める
 半分しか集まらなかった演出家デビューから、どのように成功したか?
 大失敗した舞台の理由は「ベテラン役者とのコミュニケーションの失敗!」
 宮本亜門が「運」をつかんだ瞬間
 ブロードウェイの役者たちから学んだ「一緒に作る」演出法
 沖縄流 ゆるコーチング
 日本人が苦手な「清々しいコミュニケーション」をする方法



他の人と違う子供時代を過ごし、宮本少年は人とどんなふうに関わったらいいのかわかりませんでした。
人と関わることに「恐怖」すらあったといいます。

そんな学生時代を過ごし、結果「引きこもりになります。」しかも1年も!

そんな中、お母さんは
「もう、いいわ。学校に行かなくて。ただ、ひとつだけ約束して」

「何?」

「病院に行って」

慶応病院の精神科に行った宮本少年は、そこで登校拒否症候群ということで、カウンセリングを受けます。


この1週間のカウンセリングが大きく宮本少年の人生を変えます。
この時のことをこんなふうに話ています。

「これは面白い!とっても楽しい1時間でした。

そして、5日目くらいには、今ぐらい、べらべらしゃべるようになりました。

自分でも驚きました。

だって僕はずーっと暗い子で、学校では話せない。
やだ、ダメだってシャドウがあった人間です。」

実は非常にシンプルで、ある意味、誰でもできるカウンセリング手法が
大きく宮本少年を変えたのです。

その後も、次々と大きな難題が降りかかってきます。


「ダンサーと振付師しか経験していない人間は、演出家にはなれない!
なぜ?
前例がないからだよ!」


とどこのプロデューサーに会っても言われました。
このままでは、夢である演出家になれない!

この困難を切り抜けるため、亜門さんは「どんなことを考え、どんな行動を」したのでしょうか?


演出家になったらなったで、ベテランの役者たちにどうやって演技をつければいいのかという恐怖感

「この若い演出家、アイデアはあるかもしれないけれど、演劇をわかってないんじゃないの?」と見られていることへ反発し、結果、その舞台はガタガタになってしまいます。

そこから学んだこととは?


また、念願のブロードウェイミュージカルの演出を手掛けられることになったとき
予算の関係で通常1ヵ月半あるはずの舞台稽古がたった3週間に!

「どうするんだよ!間に合わない!」

そんな中、
「ああして!こうして!」

と次々と指示をだす演出家に、アメリカの役者たちは反発してきます。
そんな中、たどりついた役者たちとの関わり、役者たちへの演出法とは・・・・


宮本亜門さんが成功した秘訣


「才能がある、ないということをよくいいます。

しかし、「ショービジネス」ということは「ショー」と「ビジネス」なんです。

ショーの才能がある人は山ほどいると思う。


社会にでるとか、その場所で何かを極めていくというのは
必ずそういう表にでること。

どうやって自己アピールをしていくのか?のために行動をするか
ということがあって、ということだと思います。


つまり、「ショー」「ビジネス」この2つのことがバランスよくなっていったときに
次のなにかに展開するのです」

宮本亜門さんが、世界的に成功した秘訣。それはショーの才能の他に
「どのように人と関わるか」を自分の様々な困難な体験から逃げずに学び、実践してきたからだということがこの講演からよくわかります。

非常にユーモアもあり、楽しく聞ける亜門さんのコーチング論。
「成功するための人との関わり方」を学びたい方はぜひお聞きください!
おすすめできます。 



詳細情報


コミュニケーションが下手で、引きこもりだった宮本少年は
どのようにして天才 宮本亜門になれたのか?



日本はもちろん、ミュージカルの本場ブロードウェイで最も権威のある賞
「トニー賞」にノミネートされるなど、世界的に演出の天才と言われる宮本亜門さんは、
学生時代、コミュニケーションがド下手で、しかも引きこもりでした。

ところが、「ある5日間」を通して全く違う自分になれたのです。


この講演音声を通して聞けること、学べることのほんの一部をご紹介しますと


 とにかくコミュニケーションが下手だった!
 仏像好きだった学生時代
 わずか5日で引きこもりから解放してくれた「精神科医の問いかけ」とは?
 ダンサーから、演出家に誰もなったことがない時代に、亜門さんだけが演出家になれた理由

 「ショービジネス」は、「ショー」の才能+「ビジネス」を成功させる自己をピーアールする才能と行動が必要
 行動することの法則 最初は小さなことから始める
 半分しか集まらなかった演出家デビューから、どのように成功したか?
 大失敗した舞台の理由は「ベテラン役者とのコミュニケーションの失敗!」
 宮本亜門が「運」をつかんだ瞬間
 ブロードウェイの役者たちから学んだ「一緒に作る」演出法
 沖縄流 ゆるコーチング
 日本人が苦手な「清々しいコミュニケーション」をする方法



他の人と違う子供時代を過ごし、宮本少年は人とどんなふうに関わったらいいのかわかりませんでした。
人と関わることに「恐怖」すらあったといいます。

そんな学生時代を過ごし、結果「引きこもりになります。」しかも1年も!

そんな中、お母さんは
「もう、いいわ。学校に行かなくて。ただ、ひとつだけ約束して」

「何?」

「病院に行って」

慶応病院の精神科に行った宮本少年は、そこで登校拒否症候群ということで、カウンセリングを受けます。


この1週間のカウンセリングが大きく宮本少年の人生を変えます。
この時のことをこんなふうに話ています。

「これは面白い!とっても楽しい1時間でした。

そして、5日目くらいには、今ぐらい、べらべらしゃべるようになりました。

自分でも驚きました。

だって僕はずーっと暗い子で、学校では話せない。
やだ、ダメだってシャドウがあった人間です。」

実は非常にシンプルで、ある意味、誰でもできるカウンセリング手法が
大きく宮本少年を変えたのです。

その後も、次々と大きな難題が降りかかってきます。


「ダンサーと振付師しか経験していない人間は、演出家にはなれない!
なぜ?
前例がないからだよ!」


とどこのプロデューサーに会っても言われました。
このままでは、夢である演出家になれない!

この困難を切り抜けるため、亜門さんは「どんなことを考え、どんな行動を」したのでしょうか?


演出家になったらなったで、ベテランの役者たちにどうやって演技をつければいいのかという恐怖感

「この若い演出家、アイデアはあるかもしれないけれど、演劇をわかってないんじゃないの?」と見られていることへ反発し、結果、その舞台はガタガタになってしまいます。

そこから学んだこととは?


また、念願のブロードウェイミュージカルの演出を手掛けられることになったとき
予算の関係で通常1ヵ月半あるはずの舞台稽古がたった3週間に!

「どうするんだよ!間に合わない!」

そんな中、
「ああして!こうして!」

と次々と指示をだす演出家に、アメリカの役者たちは反発してきます。
そんな中、たどりついた役者たちとの関わり、役者たちへの演出法とは・・・・


宮本亜門さんが成功した秘訣


「才能がある、ないということをよくいいます。

しかし、「ショービジネス」ということは「ショー」と「ビジネス」なんです。

ショーの才能がある人は山ほどいると思う。


社会にでるとか、その場所で何かを極めていくというのは
必ずそういう表にでること。

どうやって自己アピールをしていくのか?のために行動をするか
ということがあって、ということだと思います。


つまり、「ショー」「ビジネス」この2つのことがバランスよくなっていったときに
次のなにかに展開するのです」

宮本亜門さんが、世界的に成功した秘訣。それはショーの才能の他に
「どのように人と関わるか」を自分の様々な困難な体験から逃げずに学び、実践してきたからだということがこの講演からよくわかります。

非常にユーモアもあり、楽しく聞ける亜門さんのコーチング論。
「成功するための人との関わり方」を学びたい方はぜひお聞きください!
おすすめできます。 



宮本亜門 「亜門流コーチング」
  • 宮本亜門 「亜門流コーチング」

宮本亜門 「亜門流コーチング」

作者: 宮本亜門日本音声保存
販売形式: CD/ ダウンロード/
形式:CD版またはオーディオブック(MP3ファイル)版
形式:CD版またはオーディオブック(MP3ファイル)版
ファイルサイズ:(ファイル1)27MB  (ファイル2)36MB
所属ジャンル:
新着商品ビジネスコーチング・NLP

■音声サンプル視聴

CD版

¥2,160(税込)

ダウンロード版

¥1,029(税込)

CD版

¥2,160(税込)

 
ダウンロード版

¥1,029(税込)

 

音声の内容



1.熱い父と母の間で生まれた「熱いわたし」
2.本物に囲まれて育った小中学生時代、そして登校拒否
3.十八歳で作りはじめた壮大な人生プラン
4.計画を行動に。「アイガットマーマン」の成功
5.自分をオープンにし、違う意見を聞く。対人関係の改善。
6.何を伝えるか、何を聞くか「言葉のコミュニケーション」

音学は・・・

音学は・・・