音学.com

P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」
  • P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」
  • P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」

P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」

作者: 国永 秀男日本経営合理化協会
販売形式: CD/
形式:音楽用CD 5巻、専用テキスト 1部、データCD-ROM 1巻(記入シート用)
所属ジャンル:
ビジネス起業・独立経営者新着商品
備考:
2008年収録

お取り寄せ商品のため発送まで1週間程かかります

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

詳細情報



変化はコントロールできない。できるのはその先頭に立つことだけである
(P.F.ドラッカー)

経済のグローバル化は、同時に、企業間の大競争をももたらしました。
予期しないライバルの出現で、収益の柱である主力商品・主力事業が足下をすくわれ、
名門と呼ばれる企業の多くが、瞬く間に凋落の一途をたどっています。

地球誕生来の強者の法則
「身体の強弱ではない、環境変化を味方につける者だけが勝ち残る」
への原点回帰が、ますます重要な時代となりました。
 
このCD集は、ドラッカー経営体系の中から「イノベーション=経営革新」にテーマを絞って編纂。
社長が、限られた経営資源、限られた時間の中で指揮を執り、絶え間なく新商品・新事業の戦略を成功に導く、
リーダーシップと経営実務を公開。
ドラッカー博士に永らく直接指導を受けてこられた国永秀男先生に、自社への導入法を判りやすく解説いただきました






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 次の潮流を読む!ネクスト・ソサエティと新・事業構想のたて方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎変化はコントロールできない。できるのはその先頭に立つことだけである
    ●イノベーション能力が問われる時代 ●経営者にとって一番重要な仕事とは何か
    ●21世紀のリーダーシップ ●ビジョナリーカンパニーに経営者が学ぶべきこと
    ●明確な組織の使命を持たずして、次の企業成長は見込めない
    ●日本の食品メーカーY社を、1千億企業にまで導いた「ドラッカー5つの質問」

 ◎知識社会で勝ち続けるために、企業がなすべきこと
    ●「HOW(どうやるか)から、「WHAT(何を為すべきか)」への経営のシフト
    ●権限委譲の2つの原則 ●より専門化することで企業価値を高められる時代
    ●社員が仕事そのものに価値を見出せる経営、自発性を育む土壌・環境づくり
    ●急速な変化に対応できる仕組み ●3人の石切職人の寓話に学ぶ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新事業・新商品を成功させる「イノベーション経営の実務」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎イノベーションとは昨日の成功と縁を切り、明日を創造すること
    ●繰り返し起こる危機から事業を守る法 ●経営革新の核をなす2つの基本
    ●「何を為すべきでないか」から考える ●イノベーションを日常化する仕掛け
    ●製品、サービス、市場、流通チャネル、工程、技術…のライフサイクルを熟知せよ

 ◎日々の経営革新・イノベーションを遂行させる「経営者の2つの決定」
    ●多忙な社著業の合間に、イノベーションを考えるための時間を捻出する仕掛け
    ●ドラッカーの決定分析 ●我社にとっての「昨日の主力」と「次の主役」との線引き
    ●お客様は、どのような理由で、どのような形で、我社を利用されているのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《体系的廃棄の実践》捨て去ることが次の成長をつくる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎利益の8割は、2割の商品・顧客から成り立っている
    ●資源は誤って配分されている ●捨て去る覚悟 ●何をもって成果というのか
    ●シンデレラ商品、独善的商品、成長商品、衰退商品…我社の現在地と近未来
    ●売上・取引量だけで判断しては誤る ●ワガママな大口客を切り利益が急増

 ◎新たな飛躍のための過去との決別「廃棄のモノサシ」
    ●利益への寄与度合い、今後の成長性、陳腐化、競争力の減退…決断のポイント
    ●声の大きな古参幹部が手掛けた「昨日の主力商品」は、どう廃止するればよいか
    ●もしこの事業を行っていなかったとして、今からでも始めようと思うか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《イノベーションの7つの機会》思いのままに繁栄を引き込む視点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ?予期せざるもの ?ギャップを探す ?ニーズを見つける ?産業構造の変化
 ?人口構造 ?認識の変化 ?新しい知識の活用…

    ●現場の社員は「イノベーション情報」の宝庫 ●世間の脅威にこそ大チャンス
    ●予期せぬ3つ ●偶然の成功事例から、経営者が自ら問うべき4つのこと
    ●成功させるたには順序がある ●モノゴトの過程に潜む不満にメシの種がある
    ●ディズニーの社内ルール ●QCストーリー ●人口構成だけは確実な未来
    ●ノベルティグッズが主役商品になった理由 ●ドンキホーテの深夜営業
    ●あるべき姿と現実のミゾが商売になる ●不揃いの野菜だから高く売れる

 ◎「ブルーオーシャン戦略」からの、我社の戦略キャンバスの描き方
    ●我社が勝ち進む生き筋 ●強みを活かすには ●輸入家具IKEA社に学ぶ…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 社長の思惑通りに成果をあげる「プロジェクトチーム」のつくり方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎イノベーションを成功させる人材・組織、社長の特命組織の動かし方
    ●ヒマな人間に担当させて新事業の成功した前例は無い ●兼任か、選任か?
    ●担当者の不安は何か ●業績の芽が出るまでの評価と処遇のハンディ
    ●必ず社長直轄にする ●与える権限と任せ方 ●継続と中止の判断基準

 ◎なぜ、3M社はビジョナリーカンパニーであり続けるのか
    ●全社イノベーション体勢を醸成する仕掛け ●3Mの社内ベンチャー制度
    ●絶え間ない経営革新を促す「30対4ルール」 ●第11番目の戒律

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎「経営革新」「第2創業」を強力に推し進める、社長の役割と実務
    ●イノベーションを決断できるのは、社長ただ一人である
    ●顧客についての仮説を常に持ち続けよ ●大局で読み、小局で着手する
    ●社長は外へ出よ、現場を回れ ●スターバックスの成功神話に学ぶ
    ●現場からのアイデアの吸い上げ方 ●参入と撤退の急所

 ◎今から参入する市場、新商品・新事業を成功させる戦い方
    ●成長市場と既存市場では、参入のやり方が異なる ●成長と膨張の錯覚
    ●我社にトップを狙える余地はあるのか ●専門技術戦略と専門市場戦略
    ●「あれも、これも」では成功しない ●市場が冷え込む時は、弱者から淘汰される

 ◎経営陣・社員の眼を、成長の機会に向けさせるための仕組みづくり
    ●通常の会議(問題点を話し合う)と、事業機会の会議は分けて実施する
    ●「売れた理由」発表会の奨励 ●若手とのブレーンストーミングの急所
    ●目標と期限をハッキリ明示する ●社長は“聞き役”“最終責任者”に徹せよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《 イノベーション検討シート・11選》事業構想を楽にさせる社長のツール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (1)自社の「強み・弱み」分析シート
  (2)事業機会発見シート
  (3)顧客満足シート
  (4)戦略キャンバス検討シート
  (5)イノベーション・アクションプランシート…


詳細情報



変化はコントロールできない。できるのはその先頭に立つことだけである
(P.F.ドラッカー)

経済のグローバル化は、同時に、企業間の大競争をももたらしました。
予期しないライバルの出現で、収益の柱である主力商品・主力事業が足下をすくわれ、
名門と呼ばれる企業の多くが、瞬く間に凋落の一途をたどっています。

地球誕生来の強者の法則
「身体の強弱ではない、環境変化を味方につける者だけが勝ち残る」
への原点回帰が、ますます重要な時代となりました。
 
このCD集は、ドラッカー経営体系の中から「イノベーション=経営革新」にテーマを絞って編纂。
社長が、限られた経営資源、限られた時間の中で指揮を執り、絶え間なく新商品・新事業の戦略を成功に導く、
リーダーシップと経営実務を公開。
ドラッカー博士に永らく直接指導を受けてこられた国永秀男先生に、自社への導入法を判りやすく解説いただきました






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 次の潮流を読む!ネクスト・ソサエティと新・事業構想のたて方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎変化はコントロールできない。できるのはその先頭に立つことだけである
    ●イノベーション能力が問われる時代 ●経営者にとって一番重要な仕事とは何か
    ●21世紀のリーダーシップ ●ビジョナリーカンパニーに経営者が学ぶべきこと
    ●明確な組織の使命を持たずして、次の企業成長は見込めない
    ●日本の食品メーカーY社を、1千億企業にまで導いた「ドラッカー5つの質問」

 ◎知識社会で勝ち続けるために、企業がなすべきこと
    ●「HOW(どうやるか)から、「WHAT(何を為すべきか)」への経営のシフト
    ●権限委譲の2つの原則 ●より専門化することで企業価値を高められる時代
    ●社員が仕事そのものに価値を見出せる経営、自発性を育む土壌・環境づくり
    ●急速な変化に対応できる仕組み ●3人の石切職人の寓話に学ぶ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新事業・新商品を成功させる「イノベーション経営の実務」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎イノベーションとは昨日の成功と縁を切り、明日を創造すること
    ●繰り返し起こる危機から事業を守る法 ●経営革新の核をなす2つの基本
    ●「何を為すべきでないか」から考える ●イノベーションを日常化する仕掛け
    ●製品、サービス、市場、流通チャネル、工程、技術…のライフサイクルを熟知せよ

 ◎日々の経営革新・イノベーションを遂行させる「経営者の2つの決定」
    ●多忙な社著業の合間に、イノベーションを考えるための時間を捻出する仕掛け
    ●ドラッカーの決定分析 ●我社にとっての「昨日の主力」と「次の主役」との線引き
    ●お客様は、どのような理由で、どのような形で、我社を利用されているのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《体系的廃棄の実践》捨て去ることが次の成長をつくる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎利益の8割は、2割の商品・顧客から成り立っている
    ●資源は誤って配分されている ●捨て去る覚悟 ●何をもって成果というのか
    ●シンデレラ商品、独善的商品、成長商品、衰退商品…我社の現在地と近未来
    ●売上・取引量だけで判断しては誤る ●ワガママな大口客を切り利益が急増

 ◎新たな飛躍のための過去との決別「廃棄のモノサシ」
    ●利益への寄与度合い、今後の成長性、陳腐化、競争力の減退…決断のポイント
    ●声の大きな古参幹部が手掛けた「昨日の主力商品」は、どう廃止するればよいか
    ●もしこの事業を行っていなかったとして、今からでも始めようと思うか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 《イノベーションの7つの機会》思いのままに繁栄を引き込む視点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ?予期せざるもの ?ギャップを探す ?ニーズを見つける ?産業構造の変化
 ?人口構造 ?認識の変化 ?新しい知識の活用…

    ●現場の社員は「イノベーション情報」の宝庫 ●世間の脅威にこそ大チャンス
    ●予期せぬ3つ ●偶然の成功事例から、経営者が自ら問うべき4つのこと
    ●成功させるたには順序がある ●モノゴトの過程に潜む不満にメシの種がある
    ●ディズニーの社内ルール ●QCストーリー ●人口構成だけは確実な未来
    ●ノベルティグッズが主役商品になった理由 ●ドンキホーテの深夜営業
    ●あるべき姿と現実のミゾが商売になる ●不揃いの野菜だから高く売れる

 ◎「ブルーオーシャン戦略」からの、我社の戦略キャンバスの描き方
    ●我社が勝ち進む生き筋 ●強みを活かすには ●輸入家具IKEA社に学ぶ…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 社長の思惑通りに成果をあげる「プロジェクトチーム」のつくり方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎イノベーションを成功させる人材・組織、社長の特命組織の動かし方
    ●ヒマな人間に担当させて新事業の成功した前例は無い ●兼任か、選任か?
    ●担当者の不安は何か ●業績の芽が出るまでの評価と処遇のハンディ
    ●必ず社長直轄にする ●与える権限と任せ方 ●継続と中止の判断基準

 ◎なぜ、3M社はビジョナリーカンパニーであり続けるのか
    ●全社イノベーション体勢を醸成する仕掛け ●3Mの社内ベンチャー制度
    ●絶え間ない経営革新を促す「30対4ルール」 ●第11番目の戒律

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ドラッカーの「イノベーションと企業家精神」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎「経営革新」「第2創業」を強力に推し進める、社長の役割と実務
    ●イノベーションを決断できるのは、社長ただ一人である
    ●顧客についての仮説を常に持ち続けよ ●大局で読み、小局で着手する
    ●社長は外へ出よ、現場を回れ ●スターバックスの成功神話に学ぶ
    ●現場からのアイデアの吸い上げ方 ●参入と撤退の急所

 ◎今から参入する市場、新商品・新事業を成功させる戦い方
    ●成長市場と既存市場では、参入のやり方が異なる ●成長と膨張の錯覚
    ●我社にトップを狙える余地はあるのか ●専門技術戦略と専門市場戦略
    ●「あれも、これも」では成功しない ●市場が冷え込む時は、弱者から淘汰される

 ◎経営陣・社員の眼を、成長の機会に向けさせるための仕組みづくり
    ●通常の会議(問題点を話し合う)と、事業機会の会議は分けて実施する
    ●「売れた理由」発表会の奨励 ●若手とのブレーンストーミングの急所
    ●目標と期限をハッキリ明示する ●社長は“聞き役”“最終責任者”に徹せよ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《 イノベーション検討シート・11選》事業構想を楽にさせる社長のツール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  (1)自社の「強み・弱み」分析シート
  (2)事業機会発見シート
  (3)顧客満足シート
  (4)戦略キャンバス検討シート
  (5)イノベーション・アクションプランシート…


P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」
  • P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」

P.F.ドラッカー流マネージメント「イノベーション創造の経営」

作者: 国永 秀男日本経営合理化協会
販売形式: CD/
形式:音楽用CD 5巻、専用テキスト 1部、データCD-ROM 1巻(記入シート用)
形式:音楽用CD 5巻、専用テキスト 1部、データCD-ROM 1巻(記入シート用)
所属ジャンル:
ビジネス起業・独立経営者新着商品
備考:
2008年収録

お取り寄せ商品のため発送まで1週間程かかります

■音声サンプル視聴

音学は・・・

音学は・・・