音学.com

P.F.ドラッカー「経営者の仕事」
  • P.F.ドラッカー「経営者の仕事」
  • P.F.ドラッカー「経営者の仕事」

P.F.ドラッカー「経営者の仕事」

作者: 国永 秀男日本経営合理化協会
販売形式: CD/
形式:CD 6枚、専用ノート1部
時間:約4時間50分
所属ジャンル:
ビジネス起業・独立経営者新着商品
備考:
2007年収録

お取り寄せ商品のため発送まで1週間程かかります

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

詳細情報



経営の神様 P.F.ドラッカーの社長学

ドラッカー流マネジメント体系の中から、経営者自身の“あるべき姿・為すべきこと”に焦点をあて、
経営実務に則した原理原則を解説指導






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会社はすべて社長次第!《P.F.ドラッカーの社長学》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎多くの社長は経営をしていない=「経営者という仕事」とは
   ●経営とは何か、社長は何をする人か
   ●マネジメントに社長が学ぶべきこと
   ●なぜ、幹部がいつまでも“経営者意識”を持つことができないのか
   ●ビジョナリーカンパニー“レベル5”のリーダーシップ
   ●考えるクセづけ

 ◎会社の成長も業績も、すべて社長次第
   ●組織の成果は、社長の能力に比例する
   ●組織が乱れる時の根本原因
   ●ドラッカー「5つの質問」と全社的視野
   ●説得では、人も組織も動かない

 ◎「社長の姿勢」=経営者というリーダーに求められるもの
   ●一流の指導者
   ●言葉と行動
   ●リーダーがしてはならないこと
   ●あなたが社員を見るのと同じ見方で、社員もあなたを観るようになる
   ●「組織と仕事の流れ」のつくり方
   ●“間違った”と臆せず言えるか
   ●究極は、社員の子供に“僕もパパの会社で働きたい”と言われる会社づくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社長は何を為すべきか《成果を上げる経営者の仕事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長だけにしかできない仕事、社長がやるべきでない仕事
   ●社長の仕事の優先順位
   ●社長業に没頭できるための「時間マネジメント」
   ●「明日を創る」ための経営資源の配分
   ●やめるか、任せるか、変えるか…

 ◎「経営者の役割」=事業を伸ばし、我社の明日を創る
   ●成果は組織の外にある
   ●名経営者たちは、何を実践しているのか
   ●問題解決よりも、潜在機会の開拓に眼をむける
   ●勇気ある社長の決断とは
   ●業績のカギは集中にあり
   ●昨日を陳腐化させよ
   ●明日を創る3つの実務
   ●経営者の責任は、組織をして大きな成果をもたらすこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(1) 我社の現状を正しく知る《「強み・弱み」と手の打ち方》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長のための情報戦略と経営活用法
   ●知識社会での致命傷とは
   ●情報は社長の仕事の道具
   ●三つの「現」を知る
   ●情報戦略の目的は「知識」ではなく、「正しい行動」のためである

 ◎我社は“何が強く、何で儲けているか”を知る4つの分析法
   ●シンデレラ、昨日の主力、独善商品…ドラッカー式の商品分類と手の打ち方
   ●社長自らお客様を訪ねよ
   ●コスト削減の盲点
   ●真の顧客は誰か
   ●卓越性

 ◎経営革新=ドラッカー流「イノベーション7つの視点」
   ●事業機会はどこにあるか
   ●予期せざるもの
   ●ギャップを探す
   ●プロセスニーズ
   ●産業構造の変化
   ●認識の変化
   ●新しい知識の台頭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(2)未来の姿を明確にする《社長の未来戦略》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長としての“未来を読む”視点と考え方の基本
   ●ビジョンを掲げ理想を追求する
   ●未来戦略に万能薬はないと心得よ
   ●我社の今の姿をベースにした、手段・方法・制度を活用できないか

 ◎我々の事業は何か=将来どうなるか、どうあるべきか

 ◎明日を創る「社長の事業構想と決断」
   ●顧客は誰か、市場はどこか
   ●我社はどのような価値を提供できるのか
   ●我社の強みは何か
   ●質の伴わない拡大は、「成長」ではなく「膨張」である

 ◎どのような未来の姿を描き、社員にどう思いを伝えるか
   ●ミッション(使命)、ビジョン(目標)、ロードマップ(どう至るのか)
   ●お客様・市場に選ばれる姿をイメージすれば、自ずと戦略は描かれる

 ◎使命とビジョンを高く掲げ、リーダーシップを思う存分に発揮せよ
   ●「我社の未来」をワクワクしながら作文できるか
   ●組織の使命を明確にせよ
   ●3名の社員募集広告に3000名の応募が殺到した町工場の経営ビジョン
   ●暗黙知と形式知
   ●急速な変化に対応できる仕組みづくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(3)経営資源を効果的に配分する《ヒト・モノ・カネ…》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎限られた戦力で最大の成果を得る、資源配分のマネジメント
   ●「何かを得るために、何かを廃棄する」という決断が、事業を伸ばす
   ●廃棄のためのモノサシ
   ●何から手をつけるべきか

 ◎精鋭体勢をつくる人材配置と組織づくり
   ●新事業の推進には、必ず、デキル人材から登用せよ
   ●兼任か専任か
   ●トップ直轄体制の敷き方
   ●新規プロジェクトでの評価基準と処遇の要点
   ●イノベーションのための組織づくり
   ●お客様から選ばれる組織とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■指導者の条件《理想のリーダーとしての経営者とは》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●「指示命令」ではなく、「方向付け」で人を動かす
   ●知識社会の指導者像
   ●「リーダーシップ・セルフチェック」8つのポイント
   ●一流リーダーの共通項
   ●部下の強みを恐れない
   ●任せるべきことにワクと決まりがある
   ●仕事の基準を守りぬく
   ●バランス感覚の重要性
   ●リーダーの基本能力
   ●やりたいことではなく、成されるべき事から着手する
   ●手柄の扱い方
   ●過去ではなく、未来を選べ
   ●問題ではなく、機会に焦点を合わせよ
   ●自分の考えを理解させるための技術と努力
   ●自らの強みを活かせるか
   ●その事業に情熱を持てるか=ドラッカーとウエルチの経営問答…



詳細情報



経営の神様 P.F.ドラッカーの社長学

ドラッカー流マネジメント体系の中から、経営者自身の“あるべき姿・為すべきこと”に焦点をあて、
経営実務に則した原理原則を解説指導






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会社はすべて社長次第!《P.F.ドラッカーの社長学》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎多くの社長は経営をしていない=「経営者という仕事」とは
   ●経営とは何か、社長は何をする人か
   ●マネジメントに社長が学ぶべきこと
   ●なぜ、幹部がいつまでも“経営者意識”を持つことができないのか
   ●ビジョナリーカンパニー“レベル5”のリーダーシップ
   ●考えるクセづけ

 ◎会社の成長も業績も、すべて社長次第
   ●組織の成果は、社長の能力に比例する
   ●組織が乱れる時の根本原因
   ●ドラッカー「5つの質問」と全社的視野
   ●説得では、人も組織も動かない

 ◎「社長の姿勢」=経営者というリーダーに求められるもの
   ●一流の指導者
   ●言葉と行動
   ●リーダーがしてはならないこと
   ●あなたが社員を見るのと同じ見方で、社員もあなたを観るようになる
   ●「組織と仕事の流れ」のつくり方
   ●“間違った”と臆せず言えるか
   ●究極は、社員の子供に“僕もパパの会社で働きたい”と言われる会社づくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■社長は何を為すべきか《成果を上げる経営者の仕事》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長だけにしかできない仕事、社長がやるべきでない仕事
   ●社長の仕事の優先順位
   ●社長業に没頭できるための「時間マネジメント」
   ●「明日を創る」ための経営資源の配分
   ●やめるか、任せるか、変えるか…

 ◎「経営者の役割」=事業を伸ばし、我社の明日を創る
   ●成果は組織の外にある
   ●名経営者たちは、何を実践しているのか
   ●問題解決よりも、潜在機会の開拓に眼をむける
   ●勇気ある社長の決断とは
   ●業績のカギは集中にあり
   ●昨日を陳腐化させよ
   ●明日を創る3つの実務
   ●経営者の責任は、組織をして大きな成果をもたらすこと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(1) 我社の現状を正しく知る《「強み・弱み」と手の打ち方》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長のための情報戦略と経営活用法
   ●知識社会での致命傷とは
   ●情報は社長の仕事の道具
   ●三つの「現」を知る
   ●情報戦略の目的は「知識」ではなく、「正しい行動」のためである

 ◎我社は“何が強く、何で儲けているか”を知る4つの分析法
   ●シンデレラ、昨日の主力、独善商品…ドラッカー式の商品分類と手の打ち方
   ●社長自らお客様を訪ねよ
   ●コスト削減の盲点
   ●真の顧客は誰か
   ●卓越性

 ◎経営革新=ドラッカー流「イノベーション7つの視点」
   ●事業機会はどこにあるか
   ●予期せざるもの
   ●ギャップを探す
   ●プロセスニーズ
   ●産業構造の変化
   ●認識の変化
   ●新しい知識の台頭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(2)未来の姿を明確にする《社長の未来戦略》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎社長としての“未来を読む”視点と考え方の基本
   ●ビジョンを掲げ理想を追求する
   ●未来戦略に万能薬はないと心得よ
   ●我社の今の姿をベースにした、手段・方法・制度を活用できないか

 ◎我々の事業は何か=将来どうなるか、どうあるべきか

 ◎明日を創る「社長の事業構想と決断」
   ●顧客は誰か、市場はどこか
   ●我社はどのような価値を提供できるのか
   ●我社の強みは何か
   ●質の伴わない拡大は、「成長」ではなく「膨張」である

 ◎どのような未来の姿を描き、社員にどう思いを伝えるか
   ●ミッション(使命)、ビジョン(目標)、ロードマップ(どう至るのか)
   ●お客様・市場に選ばれる姿をイメージすれば、自ずと戦略は描かれる

 ◎使命とビジョンを高く掲げ、リーダーシップを思う存分に発揮せよ
   ●「我社の未来」をワクワクしながら作文できるか
   ●組織の使命を明確にせよ
   ●3名の社員募集広告に3000名の応募が殺到した町工場の経営ビジョン
   ●暗黙知と形式知
   ●急速な変化に対応できる仕組みづくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■実行策(3)経営資源を効果的に配分する《ヒト・モノ・カネ…》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎限られた戦力で最大の成果を得る、資源配分のマネジメント
   ●「何かを得るために、何かを廃棄する」という決断が、事業を伸ばす
   ●廃棄のためのモノサシ
   ●何から手をつけるべきか

 ◎精鋭体勢をつくる人材配置と組織づくり
   ●新事業の推進には、必ず、デキル人材から登用せよ
   ●兼任か専任か
   ●トップ直轄体制の敷き方
   ●新規プロジェクトでの評価基準と処遇の要点
   ●イノベーションのための組織づくり
   ●お客様から選ばれる組織とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■指導者の条件《理想のリーダーとしての経営者とは》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ●「指示命令」ではなく、「方向付け」で人を動かす
   ●知識社会の指導者像
   ●「リーダーシップ・セルフチェック」8つのポイント
   ●一流リーダーの共通項
   ●部下の強みを恐れない
   ●任せるべきことにワクと決まりがある
   ●仕事の基準を守りぬく
   ●バランス感覚の重要性
   ●リーダーの基本能力
   ●やりたいことではなく、成されるべき事から着手する
   ●手柄の扱い方
   ●過去ではなく、未来を選べ
   ●問題ではなく、機会に焦点を合わせよ
   ●自分の考えを理解させるための技術と努力
   ●自らの強みを活かせるか
   ●その事業に情熱を持てるか=ドラッカーとウエルチの経営問答…



P.F.ドラッカー「経営者の仕事」
  • P.F.ドラッカー「経営者の仕事」

P.F.ドラッカー「経営者の仕事」

作者: 国永 秀男日本経営合理化協会
販売形式: CD/
形式:CD 6枚、専用ノート1部
形式:CD 6枚、専用ノート1部
時間:約4時間50分
所属ジャンル:
ビジネス起業・独立経営者新着商品
備考:
2007年収録

お取り寄せ商品のため発送まで1週間程かかります

■音声サンプル視聴

音学は・・・

音学は・・・